電車男

「電車男 (新潮文庫)」新潮社

アマゾン購入感想

微笑ましく、羨ましい純愛物語 ブームがとっくの昔に過ぎ去った頃に、やっと手にした作品。電車男がオタクだのということはそれほど関係なく、女性を好きになった奥手な男なら誰でも乗り越えねばならない、告白という大きな壁。匿名掲示板2chの仲間とのコミュニケーションを通して勇気を与えられる事によって、その壁を打ち破ることに成功した恋愛経験乏しい電車男。そんな彼をリードする包容力豊かなお姉さんでいて、育ちの良いお嬢さんエルメスとの間に生まれた、微笑ましい恋愛物語。

2chからの抜粋で、ページの作り方もそれにそっているため、文章量は多くなく、すぐに読み終わってしまうが、実況中の2ch的独特の臨場感を失わない編集が良い。文学と言うよりノンフィクションなので、2チャンネラーの本音が、2ch特有のクリエイティブな絵文字などとともに行き交うのが、こうして本になってみても、おもしろい。

2chを普段気軽に楽しんでいる人間としては、そういう点では新しくはないし、ストーリー作品として単純に見れば、エルメスが電車男に早い段階から好意を持っていることは、あまりにも明白なので、ある意味人為的な起伏には欠ける。でも、そんなごたくを並べるのがバカらしいほどに、純粋で心温まる物語りのパワーが、多くの読者の心の琴線に触れるのである。そこらへんのフィクションより感動できて、お薦めだ。

買いですが。読み物として面白かったのでそれで十分なような気もしますが、これはひとりの作者が書いたものという可能性はないのでしょうか。もし仮にそうだとしても読み物としての価値を些かも損なうことにはならないと思うのですが、脳裏にちらりとそんな気が・・・。

やらせ説が根強い本作ですけど僕は本当にあった実話なんじゃないかと思うんだよなあ
当時の2chにはこの程度のクオリティーを誇る
名スレは沢山あったし
それ以前に2chのスレ本がヒットした例はなかった
これを小説化、映画化、ドラマ化と
全部計算ずくでやったとしたら天才ですよ

でも何でこの作品がその数ある名スレの中で
ただ一つ大ヒットしたのか
それはこの作品が基本的に女尊男卑に基づいて
描かれた作品だからだと思う。

電車男って物語を大まかに書くと要は
エルメスというお金持ちのお嬢様で性格の良い美人のキャリアウーマンが
ダメなオタク青年の電車男を救ってあげるという
そういうストーリーじゃないですか

これは読んでる女性としては気分が良いでしょうね。
ドラマ版ではさらにその傾向が強まっていると思う。

素直に読み進めることが出来るなら、、、ハードカバーで話題があった頃に読みましたが、文庫化されてお手軽に外に持ち運べて、お値段もお手ごろなので、「電車男って、あったなあ、まだ読んでないけど読んでみるか」という方にはよいかもしれません。

ただ、電車の中でブックカバー付けずに読むのにはハズかしい本ではありますね。
もっとも、文庫本にブックカバー付けずに読むか読まないか、家で読むか電車などの移動中に読むかは個人の自由ですが、、、

問題のこの小説。
2chという某名性の高い掲示板で流行した物語ですが、テレビドラマを見る前に読んでいたなら楽しめるかもしれません。

初めて読んだ時には、素直に楽しめました。

ある日、電車に乗ったオタクが電車内で騒ぐ酔っ払いを制圧する。
制圧というのはおおげさですが、酔っ払いに立ち向かっていく。
後日、お礼としてある女性から、エルメスのティーカップが送られてくる。

そのエルメスのティーカップから、その女性に「エルメス」というニックネームがつく。
オタクは恋愛などしたことがないので、パソコンのネット(掲示板)を駆使し、なんとかエルメスに近づこうとする。

いわゆる、今では流行したオタク文化の申し子というべき青年と、ありえないくらい純粋な女性との恋愛物語。

原作を読んだ後の読後感は素直に楽しかった、と感動もしましたが、某掲示板で流れた批判やこの物語に対する批判を読んで、「ちょっと待てよ」とも思ってしまうのが読後感の感想。

冷静に考えると、ちょっと待てよ、というような設定というか物語の進行に疑問を持ってしまいます。

この世知辛い世の中、そんな甘っちょろい話があるのか?
いや、あっていいのか?

この物語はノンフィクションであるという説も流れていますが、本当にノンフィクションなのか?

なんとなく、「やらせ」というか「作られた物語」という疑問を持ってしまうのも、読後感の感想です。

テレビドラマや予備知識がなく、素直にこの物語を楽しめる方にはオススメな小説ではあるのですが、、、

”オリジナル”のパワーを感じました 映画やらドラマやらマンガやらですっかり中身は知っている気になってましたが、今回、文庫で初めて“原作”を読み、リアルタイムの現場での電車男はじめとする参加者の興奮やら動揺やら…何か息づかいみたいなものが感じられて、何故、多くの人をひきつけたのか分かる気がしました。オリジナルっていうのは偉大ですね。

楽天で購入

Copyright (C) 2005-2007. 人気ブログ製作法 All rights reserved.